変わっていく事、変わらない事。(シルバータウン相模原特別養護老人ホーム 中森 大輔)

2021年4月1日 更新

私がユニットリーダーになってから2年が経ちました。もともと人前で話すのが苦手だった私は、少人数のユニットミーティングで司会をすることにも緊張していたことを思い出します。現在はユニットの職員に助けられながらも、協力して入居者様の生活のお手伝いをさせて頂いています。
昨年度からシルバータウンではインカムを導入しました。
ユニットの職員はどうしても一人で仕事をする時間が多いので、入居者様の対応に追われることがたくさんあります。今までは、他の職員の手を借りたいときには隣のユニットまで行き、リビングに職員が見当たらなければ、各居室を探してようやくお願いしていました。それがインカムの導入によって、自分のユニットにいながら応援を頼めるようになり、入居者様に待っていただく時間が減りました。また他職種からの連絡もリビングにあるピッチを使用していたので、居室で入居者様の対応をしていると出られませんでしたが、インカムを使うことで自分がどこにいても連絡が取れるようになり「電話が鳴っている」という焦りや無駄な動きが減りました。夜勤中もインカムを使用して連絡を取り合うことで急変時や2人対応の方の応援をスムーズに行うことが出来るようになりました。
新しい取り組みには色々な意見や慣れないことあります。介護の現場も記録が紙媒体からパソコンでの記録に変わり、職員会議もリモートを使うことが増えてきました。時代にあわせて働き方も変わってくると思いますが、私たち職員は入居している皆様に毎日笑顔で楽しく幸せな生活を提供していくことは変わりありません。今後も他職種含め、職員が一丸となって入居者様を日々支援していきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ