大切にしている3つのこと(特別養護老人ホーム第二天神の杜 髙橋 正弘)

2021年6月1日 更新

入職して11年、ユニットリーダーに就任して4年目となります。
ユニットリーダーとしての1年目は余裕が無く、ユニットの方向性や自分がどんなユニットリーダーになりたいかというイメージが持てず、ユニット職員皆がバラバラでチームとしてケアができていなかったように思います。
 そんな中、転機となったのが2年目の秋頃にユニットリーダー研修の実地研修に行かせてもらったことでした。座学と実地研修を通じて、様々な施設の方と話をする機会があり「リーダーに求めること」「リーダーの役割」について学び合い、また実地研修施設の担当の方には時間の許す限りお付き合い頂き相談させてもらったことは今となれば大きな財産になっています。   
 同じ実地研修施設に来られていた研修生の方たちが目標を持って頑張っている話を聞いて自分自身のモチベーションアップにも繋がりました。
 今は積極的にユニット内外で話をして自分の想いを伝えています。常に施設理念である「その人らしく生きていける的確なケアサービスの提供」ができているかどうかと立ち返り、方向性を見失わない様に心掛けています。
 ユニットケアは一人では何もできません。だからこそユニット職員や他職種と協力し支え合いながら入居者様一人ひとりを見ることが大切だと思います。
 時折、迷いが出て軸足がぶれそうになることもありますが、実地研修を思い出しながら ⓵「施設理念に立ち帰ること」⓶「軸足を入居者に置きぶれないこと」⓷「自分の思いを伝えること」この3つのことを念頭に日々、リーダーという職位に相応しい自分になれるよう取り組んでいます。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ