コロナ禍におけるレクリエーション実施に向けた取り組み(特別養護老人ホームみなみ風 田中 敦子)

2021年8月2日 更新

昨年からのコロナウィルス感染拡大により、みなみ風においても、施設内にウィルスを持ち込まないために感染対策を取りながら、ご利用者の以前と変わらない暮らしの継続に向けた支援を行ってきました。

しかし、感染対策の中でも、ご家族の面会や行事の中止、近隣でのお買い物の制限は、ご利用者の楽しみをなくしてしまうだけではなく、社会参加の機会がなくなってしまうことにもなると考えられました。実際、感染対策が取られるようになった当初は、ご家族に会えない寂しさからか、精神的に落ち着かない様子が見られるようになったご利用者もおられました。これらの状況をふまえ、レクリエーション委員会として多職種が連携し、『今、私達にできること』について考え、ユニットを出て参加してもらえるようなアイデアを出し合いました。実施するにあたり、当初はコロナウィルスに対する不安や心配がありましたが、職員が正しい知識を身に着け、しっかりとした感染対策をとることで、むやみに怖がる必要はないということがわかってからは、準備もスムーズに進むようになりました。

委員会として計画・実施したのは、お茶会、秋祭り、クリスマス会です。みなみ風の特養は8ユニットありますが、お茶会はひと月に1ユニットずつの実施とし、お茶会、クリスマス会と合わせると、ほぼ毎月、企画を行えるようにしました。どの企画も実施する際は、手洗い・うがい、体温測定、換気の他に、3密を避けるための移動方法や、参加時の人数調整をしっかり行いながら、会場設定や雰囲気づくりに力を入れました。ご利用者もおしゃれをして参加して下さり、毎回、楽しそうなご利用者の姿と、そこに寄り添う職員にもたくさんの笑顔がありました。

今後も更なる感染症の拡大があることが予測され、私達はそのたびに生活様式を変化させながら生きていかざるを得ません。介護施設に従事するものとしては、変化を受け入れることを厭わず、その時々で行えることを冷静に判断しながら、ご利用者の支えとなることが求められてきます。この機会をより良い経験とし、今後も柔軟な姿勢をもってご利用者に関わっていけるよう努めていきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ