入居者のニーズを叶えるために(特別養護老人ホームマモリエあいら 内村 大希)

2022年1月5日 更新

ユニットでは、『暮らしの継続』のため、生活履歴の把握や日々の生活に24時間シートを活用し、その方の『望む生活』の実現に向けて取り組んでいます。
入居者の中には「◯◯が食べたい」「音楽を聴きたい」と言われる方がいます。マモリエあいらでは入居者の意向をもとに献立を考え、週1回ユニット職員が入居者に協力を得ながら昼食を調理し提供しています。このユニット調理で○○を作り食する事で希望を叶えています。音楽に関しては、好きな曲を家族に依頼して持って来てもらったり、テレビ番組で歌番組を観てもらったり、時には職員が演奏するなどしています。
また、「家に帰りたい」と言われる方もいます。コロナが治まればたやすく叶えることができるニーズも現在叶えることができません。アクティビティに関しての代替はできても、精神的なニーズの代替の難しさを痛感します。
私たち職員が今やらなくてはならないことは、コロナの感染予防を徹底し、入居者が安全に暮らせる環境を作ることはもちろんのこと、気持ちが満たされる環境を整えることだと思います。コロナが終息した際には「家に帰りたい」という思いを真っ先に叶えて差し上げたいと思っています。
これからも入居者様のニーズを一つずつでも叶えられるように日々精進していきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ