リハビリ専門職はどのような役割が果たせるか(特別養護老人ホームおおやま 遠藤 拓也)

2022年3月1日 更新

一般的にリハビリ専門職が行う機能訓練は心身機能の回復や維持を図るために、1対1、もしくは少人数で行っていることがほとんどです。このリハビリの原則ともいえる関わりと暮らしの場であるユニットケアは一見、合致しないように感じてしまいますが、実はそうではありません。私なりの解釈ですが、ユニットケアとは「その人らしい暮らしを継続させること」だと思っています。リハビリーテーションも広義に解釈すれば、生活を回復・調整することです。そのため、本質的には共通していることが多いと感じています。

私がリハビリ専門職として一番大事にしていることは入居者様一人ひとりに定期的な個別の機能評価を行うことです。病気による特徴や制限はあるのか、足の力はどのくらいあるか、今後の予測など、専門的な評価が生活を調整することに繋がります。入居者様の出来る力を定期的に評価して、ユニット職員とケア方法を検討し、実行することが重要になります。

リハビリ職員として、直接的な関わりが少なくなるため、代わりに環境整備にも力を入れています。具体的なところでは福祉用具の活用です。車いすひとつでも、身体の特徴に合わせるために、座面の高さなどを調整できるモジュール型車いすの使用を基本にしています。その他にも姿勢崩れが強ければ、ティルト機能付きのリクライニング車いすを選定することもあります。おおやまでは124名の入居者様に対し、モジュール車いす50台・ティルト車いす30台。フルリクライニング車いす20台を導入しています。今後も随時更新する予定です。他にも介護用リフトなど、移乗用福祉用具の選定や活用なども推進しています。

このように自らの専門性を発揮しつつ、福祉用具の活用などを行うことで、入居者様の生活を支えることに繋げていきたいと思っています。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ