スタッフとの関りについて~自分なりに~(特別養護老人ホーム龍生園 德田 奈津栄)

2022年7月1日 更新

著者ケアアドバイザー 德田 奈津栄   (社会福祉法人天雲会 特別養護老人ホーム龍生園)

今年の4月よりケアアドバイザーとして、主に新人介護職員を中心に関りを持たせて頂いています。自分自身、ケアについて日々、悩んでばかりでしたので、新人職員の日々の不安や悩みを気軽に相談できる雰囲気作りやアドバイスができるのかと感じつつ試行錯誤中です。新人職員の話を聞く中で、ケアの中で嬉しかった事はもちろん共有し、不安な部分を聞く中で「私も新人の頃は同じように悩んでいたなぁ」と思い出し、自身の失敗談も含め、アドバイスについても話す様にしています。

自分なりに注意している事は、新人職員が感じた嬉しかった事(ケアだけでなく、他ユニット職員からのアドバイスや関りについて)をユニット職員へもつなぐようにこころがけています。その他、ユニットへ顔を出す機会が介護支援専門員をしている頃より増え、他の職員からも「〇〇と思うのですがどうしたらいいか・・・?」等と話をしてくれる場面もあります。今までの経験をもとに一緒に悩みながら方向性が見えるようにし、状況によってユニットリーダーや上司、他職種へも自分自身、相談するようにしています。

今後も入居者の方が、「可能な限り、自分が過ごしたい普通の暮らしの継続」ができるようにユニット職員と一緒に悩みながら、それをとりまく不安が、少しでも軽減できるように取り組んでいきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ