馴染みある住まいでの看取りを(介護老人保健施設 ぺあれんと 小松 勝子)

2021年3月1日 更新

新型コロナウイルスが猛威を振るい、医療現場が緊迫や疲弊している中、当施設も、生活の場での感染予防に細心の注意を払いながらご支援させて頂いています。
そんな中、ご夫婦で入居されているAさまから当施設での看取りのご希望がありました 。90歳代の男性で、徐々に食事が食べられなくなって体重が減りましたが、お亡くなりになる寸前まで、歩行器でいつものようにリビングの定位置で、テレビの前のご自分の椅子に座り、ゆっくりご自分の時間を過ごされました。認知症はありましたが、ご自分の人生の終焉を最期まで穏やかに、その方のお人柄の様に静かに穏やかに息を引き取られました。本当に安らかなお顔でした。
この方のケアで、大切にしてきたことは、お元気な時のご本人の意思を尊重し「延命治療はせず、住み慣れたぺあれんとで、馴染みの職員に囲まれて、自然に看取りたい」というご家族の想いです。ご家族とスタッフと多職種と共に何度も話し合いを持ち、残された時間をどう過ごされることが良いのか考え、ご夫婦が共にお過ごしになる時間を大切にしました。隣ユニットにご入居の奥様は、重度の身体ケアが必要でコミュニケーションも困難で、いつも無言の面会ですが、しっかり手を握りあって目と目で心を交わされる様子が、今でも心に残っています。コロナ禍でしたが、面会は、娘様ご家族が施設内感染に気を配って下さり遠慮がちでしたが、感染防止対策を行いながら居室で一緒に過ごして頂きました。偲びのカンファレンスでは、「ぺあれんとで良かった」とお言葉を頂きました。
入居者さまの最期に立ち会わさせて頂くことは、多くの学びがあり、職員の看護観・介護観を育み、やりがいにもつながります。多死の時代、今後も個別ケアの充実した当施設でのエイジングインプレイスを実践し、入居者さま、ご家族の思いに寄り添っていきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ