コロナ渦において、いま私たちにできること(特別養護老人ホーム望星荘 長橋 絢也)

2021年9月1日 更新

著者介護支援専門員 長橋 絢也   (社会福祉法人新生会 特別養護老人ホーム望星荘)

私たちの地域で新型コロナウイルス感染が初めて確認されてから約一年半が経過しました。全国的な感染拡大に合わせ、やむを得ず面会制限をせざるを得ない中、今まで当たり前のように面会に来られていたご家族様から「本人は元気にしていますか? もしかしたら自分のことを忘れてしまっているかもしれない」と悲痛な訴えを聞くことがあります。
 幸い当施設は全居室、窓越しに面会ができる造りであるため、建物の外から案内して、お元気な姿を見て頂いたり、施設PHSで会話することはできますが、時間を気にせず寄り添ったり、直接触れたりすることはできません。「元気そうで良かったです」と安心される反面、「コロナが終わったらみんなで会いに来るからね」と帰られる際、どこか悲しい表情を浮かべるご家族様や入居者様を見ていると、仕方のないこととは分かっていても心苦しさを感じます。
 このコロナ渦において、感染対策に全力を注ぎながら、「暮らしの継続」の為に何ができるのか・・・。
 いまだウイルスが猛威を振るう前代未聞の状況の中、私たちは職員一丸となって努力や工夫をしていきたいと思います。心から一日も早い終息の日がくることを願いながら。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ