ユニットリーダーの役割の再認識(特別養護老人ホームあすなろ 及川 真弓)

2022年11月1日 更新

ユニットリーダーという役職に就いてから「リーダーはこうあるべき」「リーダーの役割とは・・・」「自分のユニットをどうしていきたいか」等、様々な事を考えるようになりました。頭ではわかっているつもりでも、実際はどこまでできているのか、他のユニット職員にはどう見えているのかと不安に思うこともあり、リーダーとしての役割を果たすことの難しさを痛感する日々です。
自分の考えや思いをうまく伝えることが苦手な事もあり、負の感情だけがユニット職員の皆に伝わってしまったこともありました。しかし、それでは皆のモチベーションを下げるだけで、理想とするケアを実現するのがさらに困難になるだけだと反省しました。
それからは「自分の思いを相手に伝える」「皆が感じていることや考えをまずは聴く」という事を大切にするようになりました。他の職員の話しを聞くことで、全く違う視点から気付けることもあり、自分自身成長できているように感じます。
入居者が楽しく安心して暮らせる家を造るためにも、リーダーとしての在り方を改めて考え、日々の暮らしに寄り添った支援ができるようにしていきたいです。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ