「ユニットケアに沿った食事とは」(特別養護老人ホーム望星荘 高原 明子)

2018年7月2日 更新

ユニットケアに沿った食事とはどのようなものでしょうか。

炊き立てのご飯やトーストの香ばしい匂いのするリビングで、起きた人から朝食を摂り、時にはユニットで入居者にも手伝って貰いながら目の前で調理したものを食べていただく。また、売店を含めた移動販売での買い物、出前や外食、ご家族が準備されたものを取り入れるなど施設で用意したもの以外にも楽しめる。

施設で暮らすことになっても、これらのことを諦める必要はないのです。

望星荘での給食に関する基本方針は「可能な限り入居前の食生活を継続しつつ食事が楽しみの一つとなるよう心がけます」となっています。

いろいろな場面でサポートを受けながらであっても、“最後まで自分らしく暮らす”手段の一つではないかと思っています。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ