「ショートステイとユニットケア」(特別養護老人ホーム 松籟荘 菅谷 隼規)

2019年8月1日 更新

私は、松籟荘に入職するまでユニットケアというものがよくわかりませんでした。一人ひとりに部屋があり、自分のペースで過ごすことができる。そんな漠然としたイメージでした。

ユニットケアのキーワードとして「暮らしの継続」「家庭的な雰囲気」「職員の固定配置」等を学び、入居者の方々が安心して暮らせるように、ということを意識するようになりました。

現在、私はショートステイ担当として生活相談員をしていますが、利用者の方々にとっても、安心して過ごすことができる環境作りが大切です。自宅での暮らしの流れ、寝室の家具の配置等を把握し、自宅と同じようなリズムや空間に近づけられるようにと努力しています。

また、そのお部屋の環境や職員に慣れていただけるよう、なるべく同じユニットのお部屋をご利用していただけるようベッドコントールしています。そうすることで、利用者と職員の馴染みの関係の構築もでき、「安心する暮らし」に繋がります。実際に、ある利用者の方は「あそこのお部屋気に入ったよ。皆親切にしてくれるし、またあそこのお部屋がいいな。」と笑顔で話して下さいました。またあるご家族は「素敵なところですね~。病院みたいなところなのかなと思っていましたけど、全然違う。私が泊まりたいぐらいだわ。」と話して下さいました。

これからも一人ひとりの暮らしを大切に、利用者の方々には、松籟荘を第2の家と思っていただけたらと感じます。

「葛藤の日々からの脱却」(特別養護老人ホーム 松籟荘 鈴木 誠)

2019年8月1日 更新

著者 ユニットリーダー 鈴木 誠   (社会福祉法人 愛正会  特別養護老人ホーム 松籟荘)

私が入職した時から松籟荘ではユニットケアに取り組んでいました。入職したての私はユニットケアについて理解できず、先輩から教えてもらったことだけをやっていました。施設内で実施されるユニットケアの勉強会に参加しても、「入居者の好きなように暮らすことなんだ」くらいの理解でした。

しかし、日々の仕事に慣れてくると、「仕事を効率よくやろう」という考えが自分の中で大きくなってしまいました。そのようなタイミングで、ユニットリーダーに任命されました。ユニットリーダーになってみて、自分の知識不足、ユニットでの情報共有やチームとしてまとめること等、自分の不甲斐なさを痛感させられました。ユニットケアについて知っているつもりになっていて、その根拠までをしっかりと理解していませんでした。ユニットリーダーとして上手く伝えられないこと、ユニット職員からの質問にも答えに自信がなく、だけど“ユニットリーダーとしてしっかりしなくては”と、葛藤していました。

そんな時、ユニットリーダー研修を受講しました。受講してみると、自分が理解していなかった根拠を丁寧な講義の中で理解することができました。そして最も大きな経験になったのは、同じ悩みを抱えた他施設の方々と話ができ、同じ志を持った仲間ができたことです。ユニットリーダー研修で得たものは大きく、私にユニットリーダーの心構えや自信を持たせてくれました。

 

「介護福祉士としてのプライドの目覚め」(特別養護老人ホームしろみ 森 美鈴)

2019年8月1日 更新

私の施設は、13年前にユニット型施設として開設したものの、ケア自体は従来型と変わりませんでした。起床は、食事に合わせて一斉に起こし、入浴は、誘導係、脱衣係、洗身係を配置し大浴場での一斉入浴、排泄は時間を決めて、おむつカートを押しての一斉交換など入居者の意向を確認することなく、施設が決めた日課で1日が流れていました。

そのような中で、ユニットリーダー研修に参加する職員が増えていくことで、「このままではいけない」とケアの見直しが始まりました。リーダー研修に参加したことが無かった私は『個別ケアが大事』との説明で指示される通りに従うだけで、“やらされ感”を強く感じていました。私が入職した頃は“業務を早く終わらせる、さばける職員が仕事のできる職員”と思われていたため、ユニットケアへ変えていくことで効率の悪さを感じることもありました。

しかし、自分自身がユニットリーダー研修に参加させていただき、ユニットケアの理念や特徴を学び、また、実際に実地研修施設を見学させていただいたことで自施設の入居者と実地研修施設の入居者の方たちの表情が全く違うことに驚きました。実地研修施設の、ある入居者に「自分の部屋を見て」と言われ、趣味の釣り道具などのコレクションを見せてくださいました。その時に、「これが自分の家なんだ」と実感し、入居者の方がそれぞれ好きなように過ごされている姿を見てとても驚きました。

自施設の入居者が、今のような環境で最期まで生活していただいていいのだろうか、と悩み考えた結果、介護福祉士としてのプライドが許さないものを感じ、気持ちを入れ替えた瞬間でした。ユニットリーダー研修に参加し、ユニットケアを学んだことで、自分のケア、仕事に自信をもてるようになりました。現在は、約10年前に私が見ていた入居者の表情と比べると、幸せそうな笑顔が増えたことを大いに実感しています。

1 / 2112345...1020...最後 »

ページトップへ