ユニットケアとの出会い(特別養護老人ホームしろみ 森 美鈴)

2022年4月1日 更新

私が介護の世界に入った当初は、先輩職員の姿を見て、介助の方法を必死に覚えたものです。しかし、先輩職員によって、介助の仕方も教え方も違う、どの介助方法が正しいのだろうと悩む毎日でした。実際に自分自身がリーダーを指導する立場に立つと、理論的根拠は曖昧のまま、主観的な思いから指導している自身に気づきました。気づきのきっかけとなったのは、ユニットリーダー研修への参加でした。経験を活かすことはもちろん大事ですが、入居者の支援を行う際に大切な視点は、「本人の意向・好みを知ること」、「根拠に基づいた支援であること」そして、「職員が統一した支援を行えること」であり、そのツールとして24時間軸のシートがあることを学びました。

多職種と協働し、24時間軸のシートを充実させていく中で、職員の育成、指導方法にバラつきがなくなり、職員の不安感も減り、統一した介助を行うことができるようになりました。そして、入居者の方々も安定した暮らしを送ることができています。また、24時間軸のシート・一覧表を活用することで業務の改善や退職者の減少にも繋がりました。

まだまだ、改善すべき点は多くありますが、今後も中間管理職として、入居者の生活の質の向上と職員の働きがいのある環境つくりを目指して、ユニットリーダーと一丸となり、ユニットケアの運営と人材育成に取り組んでいきたいと思います。

リハビリ専門職はどのような役割が果たせるか(特別養護老人ホームおおやま 遠藤 拓也)

2022年3月1日 更新

一般的にリハビリ専門職が行う機能訓練は心身機能の回復や維持を図るために、1対1、もしくは少人数で行っていることがほとんどです。このリハビリの原則ともいえる関わりと暮らしの場であるユニットケアは一見、合致しないように感じてしまいますが、実はそうではありません。私なりの解釈ですが、ユニットケアとは「その人らしい暮らしを継続させること」だと思っています。リハビリーテーションも広義に解釈すれば、生活を回復・調整することです。そのため、本質的には共通していることが多いと感じています。

私がリハビリ専門職として一番大事にしていることは入居者様一人ひとりに定期的な個別の機能評価を行うことです。病気による特徴や制限はあるのか、足の力はどのくらいあるか、今後の予測など、専門的な評価が生活を調整することに繋がります。入居者様の出来る力を定期的に評価して、ユニット職員とケア方法を検討し、実行することが重要になります。

リハビリ職員として、直接的な関わりが少なくなるため、代わりに環境整備にも力を入れています。具体的なところでは福祉用具の活用です。車いすひとつでも、身体の特徴に合わせるために、座面の高さなどを調整できるモジュール型車いすの使用を基本にしています。その他にも姿勢崩れが強ければ、ティルト機能付きのリクライニング車いすを選定することもあります。おおやまでは124名の入居者様に対し、モジュール車いす50台・ティルト車いす30台。フルリクライニング車いす20台を導入しています。今後も随時更新する予定です。他にも介護用リフトなど、移乗用福祉用具の選定や活用なども推進しています。

このように自らの専門性を発揮しつつ、福祉用具の活用などを行うことで、入居者様の生活を支えることに繋げていきたいと思っています。

暮らしの継続のために食事を通してできること(特別養護老人ホームおおやま 内山 桜子)

2022年3月1日 更新

特別養護老人ホームおおやまでは入居者様の食の歴史をご本人やご家族へ伺い、日々の食事や企画などに反映させています。それらをもとに厨房では栄養士と調理師で毎月企画を行っています。旬の食材を使用し、夏はうなぎのお寿司や七夕そうめん、秋には郷土料理の芋煮、新そばの時期には手打ちそばを提供しました。またコロナ渦で外出ができない今、少しでも外食気分を味わってほしいと喫茶店にあるような大人様ランチや施設の居酒屋スペースを利用した居酒屋企画なども行いました。

食事形態にとらわれず嚥下機能の低下がみられる方にも、見た目も味も楽しんでいただきたいと試作と工夫を凝らし取り組んでいます。普段食の細い方が進んで召し上がっている様子や、入居者様が召し上がりながら「昔はよく居酒屋に集まって仲間とお酒を交わしながら話したもんだ」、「食堂をやっていて若い人達にたくさんご飯を作っていたのよ」、「おそば屋に勤めていた、手打ちそばは水加減が大事だよ」など昔の暮らしを思い浮かべている表情がとても素敵でこちらが元気をいただくことも多いです。

「食」は人が良くなること。「暮らしの継続」のために食事を通して私は心と体に楽しみと栄養を届けたいです。時には疾患に合わせた食事制限や栄養強化が必要なこともありますが、入居者様のために今何を優先すべきなのか多職種と相談し合い「その人らしさ」を大切にしながらこれからも寄り添っていきたいと思います。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ