「ユニットケア研修の魅力」(ユニット型特別養護老人ホーム絆の広場 介護リーダー 上総 沙弓里)

2019年2月1日 更新

ユニット型施設として開設してから、“ユニットケア”をやっているつもりになっていました。

私はユニットリーダー研修を受講していましたが、研修で学んだことをどのように現場で実践すれば良いのか、その手法や考え方も分からず、ただ時間だけが経過する日々を過ごしていました。

そんな中、法人として「実地研修施設を目指す」という大きな目標が発表されました。

これを機に、私もユニットリーダーとして、“ユニットケア”をもう一度学び直そうと意識を高めました。テキストを読み返し、推進センターの様々な研修にも参加をしてきました。その結果、繰り返し学ぶことで、“ユニットケア”の理念や目指すことを振り返ることができました。そして、そこから、施設全体で「今の自分の施設に何が足りていないのか」を考える取り組みを始めることができました。

取り組みを始めると、「自分が変わることが小さな取り組みになり、それが次にはユニットの取り組みに広がり、やがて、施設全体での取り組みに反映される。」という変化が、目に見えてわかるようになりました。そして何より、入居者の表情や言葉、ご家族からの言葉が大きく変わりました。

入居者からは「ここが好き」「一緒におってよ」との親しみのある声が聞けるようになり、ご家族からは「元気になった」「家みたいですね」などの言葉や手紙が届くようになり、やりがいを肌で感じられるようになりました。いまでは、その積み重ねの結果「実地研修施設」になることができました。

“ユニットケア”を通して、施設や職員、入居者、家族の成長や喜びを自分自身が体験できます。この、体験を通して学んだことを活かし、これからも「ユニットケアの魅力」を広めていきたいです。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ