「モヤモヤ」(特別養護老人ホームフローラりんくる 小池孝典)

2019年12月2日 更新指導者

ユニットリーダー研修受講当時、私は特別養護老人ホームの生活相談員に異動となり、施設でユニットケア推進の中核となるよう施設長から話がありました。ユニットケアについては施設内研修やテキストで勉強しており、ユニットケアを推進するにあたり、各リーダーを指導する時に根拠をもって説明することを心がけていましたが、心の中では不安や自信が持てないといったモヤモヤした感情がある状況でした。そんな中でユニットリーダー研修を受講し、その心のモヤモヤが一気に晴れたことを今でも覚えています。

研修に参加したことで、新たな知識や考え方などたくさん得る部分がありました。特に自分の一番の収穫としては、今まで自分が思い描いてきたユニットケアが実地研修施設にあったことです。実際にその現場を目撃したことで「自分の施設でもやって出来ないことはない」と確信しました。また施設での取り組みや悩みに対し、実際に施設で取り組んだ事例や具体的なアドバイスを頂き、その後は自信をもってユニットケアを推進することができました。みなさんも研修に参加してモヤモヤを晴らしてみませんか?

「取り組んできたからこそ伝えられること」(特別養護老人ホーム神の園 田中剣志郎)

2019年12月2日 更新指導者

神の園は平成15年にユニット型施設に移設して、その数年後、本格的にユニットケアに取り組み始めました。どの実地研修施設にも言えることかもしれませんが、取り組み始めた時と今とでは大きく違うと思います。そして取り組んでいく中で上手くいかないことや様々な苦労・葛藤と向き合いながら進んできての「今」なのだと実感しています。

ユニットケア推進センターの主催するユニットリーダー研修は「座学3日間」と「実地研修4日間」の中で、キレイな話だけではなく「一つ一つの壁をどのように乗り越えてきたのか」そのような話をみんなで共有できたり、受講されている皆さん自身で施設の現状を踏まえて何をすべきかを考えられるというところです。そしてユニットケア指導者と呼ばれる講師陣も介護現場での実践者であり、その実践事例が豊富です。この2つが、この研修の大きな魅力ではないかと思っております。私自身も10年近く前にユニットリーダー研修を受講しました。研修が始まった時に「介護現場で働く人が話をするのか?」と最初はびっくりしましたが、研修が進んでいくうちに「もっともっと施設を良くしよう!」という熱い気持ちが芽生えてきたのを覚えています。「実践者が話をしてくれるというのは、受講される方にとって本当に大きな力になるのではないか」と考えております。

取り組んできたからこそ伝えられる、そこには実践してきた者でしか伝えられない内容がたくさんありますので、ぜひユニットリーダー研修にご参加いただき、より良い施設づくりのため共に個別ケアの学びを深めましょう。

「入居者主体のケアへ」(特別養護老人ホームやすらぎ荘 三上登志子)

2018年3月15日 更新指導者

私がやすらぎ荘に勤めたのが、平成11年改築前の古い施設でした。

当然のようにその中では、バリバリの集団ケアが行われており、施設の雰囲気も暗く、入居者の笑顔も少なかった・・・・。

そんな中、このユニットケアに巡り合い、入居者主体のケアへと劇的に変わる事ができました。リーダー座学研修では、そんな同じ悩みを抱えている方たちと共に考えながら講義が進んで行きます。

「けっして一人ではない」「みんな同じ仲間」として感じられ、終了後には受講者の皆さんの表情が明るく、「私たちも頑張ります」と職場に戻られていきます。その背中を見ながらいつも、「負けないで、頑張って」との想いで送り出しています。

  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ