鶏が先か、卵が先か (特別養護老人ホームかざこしの里 施設長 仲村 茂樹)

2019年4月1日 更新施設長

 平成12年(18年前)に介護保険法が施行され、新たなユニット型特養が国に認知されました。(入居前から継続する暮らしと、入居者一人ひとりにあわせた個別ケアを大切にする)ユニット型特養は何ができるのだろうか、(国、地方も含め)それぞれの特養がその可能性を追求した期間であったろうと思います。
 かざこしの里は介護保険制度が始まった5年後に開設し、この14年間、ユニット型特養だからできる支援を模索しながら歩んできましたが、その歩みには、日本ユニットケア推進センターとの出会いがとても大きかったと考えています。ユニットケアの理念に基づいた体系的な理論を学び、研修を繰り返すことにより「あなたらしく暮らせるところあなたと共に創ります」という施設理念を具体化し、かざこしの里らしい、地域のみなさんに選んでもらえる特徴ある施設になってきたと思っています。
 介護業界の人手不足が年々深刻になってきており、職員の不足をタイムリーに補充することが難しい状況が続いています。地域から選ばれる施設であると共に介護を目指す者からも選ばれる施設である必要があります。「ユニットケアの理論」に則ったケア(支援)を大切にし、「理念」に基づいた入居者の暮らしを中心においた、(ルーティン業務に陥らない)職員が誇りの持てるケアを目指すことが職員採用にあたっても大きなメリットになっていると感じています。「鶏(職員採用)が先か、卵が先か」という言葉がありますが、まずは、ユニットケアの理論に基づいた実践を行うことが必ず職員採用にも良い影響を与えるものと思っています。

「ユニットケアの魅力」(ユニット型特別養護老人ホーム絆の広場 施設長 佐井 健二)

2019年2月1日 更新施設長

朝ユニットを回り、「おはようございます。ご機嫌いかがですか?今日も一日宜しくお願いします」とご挨拶をすると「おはよう。あんたの顔を見ると元気が出る」とおっしゃってくれる方がいる。別の日、ご挨拶に行くと「あんた元気やったかね。2日も来んかったから心配していた」と言われた。私は「ごめんない。ちょっと出張がありまして・・・」と返事をした。

このことは、自分たちが入居者さんを見ているだけでなく、入居者さんからも私達を見てくれてい、そして、心配をしてくれている。そう感じたことの一例です。その後は、出張前に、「明日から東京へ2日間行ってきますので、留守番頼みます」と言うと「気を付けて行ってらっしゃい」という会話が増えました。

何気ない会話ですが、1つのユニットの中で〝第二のわが家″として入居者さんも職員も同じ「家族」として、共に喜怒哀楽を共有し、これまで歩んでこられた人生に寄り添いながら、最後までサポートできています。寄り添うことのできる「ユニットケア」をこれからも実践していきたいと思います。

「思いに寄り添う」(特別養護老人ホーム 杜の風 八鍬 政男)

2018年2月15日 更新施設長

ある入居者が終末期を迎えた時、最後に本人が望むことは何か、ユニットで話し合いを持ちました。入居してから毎年欠かさず行っていたことが、以前飲食店を経営し、年に一度はスタッフと共にその飲食店を訪れることを楽しみにしていました。終末期を迎えた当時、本人からも「最後になるかもしれないからいければいきたい」との意向でした。このことを実現したいというスタッフの要望があり、ご家族も同感でした。嘱託医との調整に入り、嘱託医からは終末期を迎えている中で外出はとても危険であり、体力が持つかわからないとの意見でした。ではどうすれば実現できるのか、共にご家族・嘱託医と話合いを続け、外出時は介護職員・看護職員・ご家族同伴であることや緊急時は他の医療機関との連携、体力的に飲食店(2F)に入るのは難しく、車中から見ることが条件でありました。残された日数は少なく、すぐに実施する運びとなりました。当日は、意識が朦朧としている中、「ここがお店ですよ」と問いかけると、車中からはっきり目を開き「そうだね」と、とても穏やかな表情で昔を思い出しているようでした。

それから数日後、安らかに永眠され、ご家族は、「ここに入っておばあちゃんとても幸せだった」と一言話していました。

入居者の方々の今までの人生の歩みの最後のステージに向かい、入居者の思いを実現すべく、微力な私達がどのように関わり、どうしたら「思いを形に変える」ことができるか、実現に向けて、取組むことができる環境がユニットケアではないでしょうか

1 / 2212345...1020...最後 »
  • 当センターの研修の特長
  • 各地地域の取り組み
  • 介護施設への就職を考えている方へ 入職前に知っておきたいこと
  • 書籍・DVDについて
  • ユニットケア紹介ブログ
特集・コンテンツ
subPmark
介護保険の基礎知識
関係者様はこちらからログイン
行政関係者様
実地研修施設関係者様

当センターはプライバシーマークを取得しております

スタッフブログ 2015年 終了

ページトップへ